重要な働きをする歯

歯医者の上手なかかり方

歯医者

歯は人の健康を保つ上でも重要な部位です。食べ物はよくかんで食べなければ、のどに詰まってしまいます。また、力を入れたりスポーツをする場合、歯を食いしばらなければ力が出ません。このように歯は重要な働きをしているのです。歯を健康に保つには、定期的に歯医者に通って歯のメンテナンスをすることが必要です。例えば、初期虫歯は素人では気づくことができませんが、歯医者ならば判別できます。初期虫歯は治療の必要はありませんが、拡大しないためには歯磨きを丁寧にしなければなりません。しかし、もしそれに気づかずにいれ、ばそれを意識することができません。だから、歯医者に見てもらう必要があるのです。 また、歯が痛くなってからも放置して、症状がひどくなってから通う人もいますが、よくありません。早いうちに治療しておけば少ない回数で治療を終えることが可能です。一方、症状が進行してから通うと治りも遅く、その分費用が掛かってしまいます。

最近のトレンドについて

従来、歯科に限らず、症状が進行してから病院に通う事例が多かったと言えます。なぜなら、誰しも自分が病気であることを自覚したくないため、症状がひどくなるまでは通院を避けたがるためです。しかし、最近は早期治療をすることのメリットが周知されてきました。現在、初期症状の内に手を打っておけば安心できる、ということを知らせる活動を、歯科業界でも積極的に行っています。たとえば、小学校に歯医者が出向き、虫歯の写真を見せ、症状が進行すればどうなるかを見せて、治療の大切さを伝える活動をしています。そのような取り組みが現在全国でなされており、歯についての知識とともに、治療の大切さを認識できる機会が増えているのです。