歯医者の利用

早くは医者に行けば大事にはならない

歯医者

歯が痛むと歯医者に行かなければなりません。痛み止めでごまかしてもいつかは限界が来てしまいます。かなりひどくなってしまい、ほっぺたがはれてしまってから行く人もいるくらいです。 歯医者に行くことが好きな人も少ないのが現実です。ドリルの音が怖いという人や治療自体が痛いので嫌だという人が多いです。早く行けば神経に触れないのでまったく痛みを感じず治療できるのです。 毎日歯磨きをするときに虫歯がないかや歯茎の状態を見るように習慣付けるといいでしょう。そのとき異常があれば早めに歯医者に行くことをおすすめします。 虫歯だけでなく子供にも増えているという歯周病があります。歯周病は思わぬところに悪影響が出る怖いものです。

歯医者で健康診断をしていることを知っていますか

歯医者は虫歯を治療したり歯周病の治療したりするだけではありません。健康診断をしているのをご存知でしょうか。歯も健康診断を受ける時代なのです。八十歳で歯が二十本あると生活に不自由をすることが少ないと言われています。ですが虫歯になっても痛みがなければそのままにしたり、歯周病をそのままにしておくと手遅れになり歯を抜かなければならないことがあります。歯が抜けてしまうとブリッジにしたり入れ歯にしたりインプラントになります。いろいろな方法がありますが、どれも自然の歯にかなうものはありません。 人間ドックを受けると同時に、歯医者で年に一度は定期健診を受けて、少しでも長く自分の歯でいることが健康のためにもいいことなのです。